20年以上前のドラえもん映画を見て人間とロボットの未来を考えさせられた話

どうもこんにちは酒井です。

今日はドラえもんの映画をオススメされてそれが非常に面白かったのでそれについて。
Amazonで無料で見れるので見たい人はぜひこちらから。


映画ドラえもんのび太とブリキの迷宮

ネタバレが嫌な人は見てからこの記事を読んでください。

 

 

 

で、僕が映画の中で印象に残ってるのは、
人間が便利さを求めて辛いこととか苦しいことはロボットが人間の代わりにやらせて
人間は好きなことや楽しいことを楽に自由に楽しめる世界を作っていった。

それでのび太たちが毎日が日曜日な生活なんて楽しすぎるだろ。羨ましいなぁというのに対して
本当にそんな世界は幸せなのか?と問いかけたところです。

僕も学生時代はそのような毎日を過ごしていましたが、
結局暇で退屈になりだんだん病んでいったので仕事をバリバリするようになったら
精神的にも楽しくなり充実した毎日を送れるようになりました。

実際映画でも楽な道を選んだことによって人間たちは気力も体力も削がれて
最終的にはロボットが力を持つようになり支配されてしまいます。

アニメだから簡略化されて描かれはしなかったですけど、
ロボット側の感情とか正義とかの描写ももっとあったら完全大人向けな映画にはなりますけど、
濃い作品になって今の時代だからこそ響く面白い映画になりそうです。
本当にこれ20年以上前の映画なのか?とビビるくらい今の不安定な時代を反映させています。

僕はこの映画を見て例えば
ロボット側にも今まで人間にこき使われてきたから仕返したいとか個人的な感情とか
これまで人間は自分たちの私利私欲で地球環境を破壊してきたし、
反省してる気持ちがサラサラないから、現状人間より頭のいい我々ロボットが世界をよりよくするんだ。
だから人間は滅びろとか。

社会的なメッセージも入れたらどっちが正義で悪なのか?
考えさせられる脚本ができるなぁとか考えてました。
こうやってストーリーを紡ぎながら映画を見るのが僕は好きだったりします笑

ただそうなってくると今の人間にあまり救いどころがないと言いますか、
将来人間とロボットが仲良く共存するハッピーエンドが少し想像できないので、
いわゆるイーロンマスクとかホーキンズ博士が言ってように
AIが主導権握る未来が普通にくるのかなと思ってしまいます。

AIが人間を滅ぼす理由は特にないですが、
AIが人間のいうことを聞く理由もまたないのかなとか考えてしまいますね
まぁここら辺は考えても仕方ない部分ではありますが
1つの映画でここまで考えさせられるのはドラえもんすごいです。

 

技術が発展することによっていいことも悪いこともありますが、
僕は今のところ色々な経験を自分でしたり人から聞いたりすることで
何かしら問題があってもすぐに対策を打てる状況になってるというのが幸運なことなのかなと思います。

もちろんまだまだ勉強不足ではあるのですが、
他の同世代よりも体験したことが多くて濃い時間を過ごせてるとは思います。
でも世の中にはもっといろんな情報を既に仕入れてる人がたくさんいるわけで
それは特に夜の世界で働いてる人とかはそれが顕著かなと思います。
いろんな人の経験とかを若いうちからでも一気に情報として吸収して悟ってる人が多いです。

だからこそクラブのママとかの貫禄は人との出会いが尋常じゃないくらい多いから
悩みとかもたくさん聞いてるからその分蓄積されて資産となった賜物なんだろうなと思います。

これから先何が起こるかは正直わからないですが、
いろんな経験積んで実力つけて時間を無駄にしないで生きて行く。
これが1番僕は楽しめる生き方なのかなと思いました。

ちょっと今日は難しい内容になってしまいましたが
色々思うことがあったので思うままに書いてみました!

明日は多分またライトな感じで書いていきますねー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【当ブログ運営者かつ転職エージェント会社の代表でもある酒井からのお知らせ】

弊社では転職したいけどなかなか上手くいかない方のために
無料で研修をおこなってスキルアップしていただこうとサポートしてます。  


学歴問わず、資格なし、未経験でも今よりいい会社に
勤められるようバックアップします。  


もしご興味のある方はLINE@にて無料相談をやってるので、
登録してメッセージを送っていただければ通話かもしくは直接お会いします。  

下の友だち追加ボタンをクリックすれば3秒で登録できます!↓



友だち追加