営業が嫌で苦手で無理だと悪いイメージ持ってる人は人生損するのでもったいない

どうも、こんにちは。

株式が逸材は君だの酒井です。

 

今回はよくあるパターンで
営業が苦手、嫌い、やりたくない、向いてないと思ってる人が、、

・営業って飛び込みとか売り込むのが嫌だ

・断られるのが嫌だ

・気合いでなんとか数をこなさないといけない

・ノルマを超えないと上司に詰められるのが嫌だ

・人と話すのが苦手だから緊張する

・いい商品じゃないから売れる気がしない、売りたくない

 

というネガティブなイメージを営業に対して思ってるケースが多く、
個人的にはそういう先入観を持つのはもったいないので
別の切り口から営業スキルの大きな必要性について話します。

 

そもそもなんでこのような話をするのかと言いますと、
Twitterでこんなつぶやきが反響ありました。

営業の意味を商品やサービスを押し付ける行為っていう風に
決めつけてしまってる人が多いのですが、実際は違います。

特に自分自身を商品と考えたときにどう売り込むか考えるのは
営業職じゃなかろうが普段の生活で誰もが経験してるんですよね。

特に恋愛はわかりやすいのかなと。

 

自分に好きな人ができて仲良くなりたいとか付き合いたいとか
いい感じになるためにどうしても自分をアピールすることがマストなわけで。

それはまず見た目から気を使う人がまずはいますよね。
服とか筋トレしたりとか髪型とか清潔感とか。

もしくは内面をよくしようと気遣いをちゃんと相手にしてあげたり、
料理とか練習して振舞ってくれる人もいらっしゃいますよね。

 

それらもすべて営業のようなものです。

 

自分という商品が好きな相手にこんなメリットありますよ!と
アピールする行為は何も営業職の人だけがやることではないんです。

アピールがうまい人は営業がうまいです。

だからお客さんをちゃんと喜んでもらって商品を買ってもらえる人は
何よりお客さんが何が欲しいか考えてるし、その上でしっかり提案できる人です。

 

逆に営業が苦手だなという人は恋愛も苦手だったりしますね。

それ全然アピールじゃなくて減点くらっちゃうよみたいな
アプローチをして自滅するケースもあるわけです。

ようは何が言いたいのかと言いますと、
営業って結構仕事以外にもバリバリ使える大切なスキルなんですよね。

 

他にも酒井のツイートを引用してくれた方もいらっしゃいました。

 

営業というと全く商品に興味もない人に
無理やり売り込んでいくスタイルだったり

とにかく新人は電話をかけまくれやら
足を使って何件も訪問しろだとか
数打ちゃ当たるスタイルだったりあるわけですが。

ちゃんと興味を持ってるお客さんに提案していく営業するスタイルも
普通にありますからね。

だって効率悪いじゃないですか。

 

弊社はその効率悪い営業スタイルよりも
ちゃんとマーケティングをして見込み客にアプローチかけて
お客様の満足度を上げていきましょう。

という研修をやってます。
またマーケティングについてはおいおい話します。

 

営業スキルは恋愛、就職、転職など人生のあらゆるところで必要とされる

 

先ほどは恋愛について具体例を用いつつ
営業ってあらゆる人生の分岐点、日常のあらゆる場面で必要という話をしました。

営業のやり方を知ることでいかに自分の魅力を相手に伝えるか
というのが非常にやりやすくなって人間関係がうまくいきます。

男女問わず間違いなくモテます。

そもそも結婚してくれませんか?というのも営業の一種ですからね。
こういうこというと少しロマンがなく味気ないかもですが。。。

 

そして就職でも転職でも自分をアピールする機会というのは
たくさんあります。

インターン、エントリーシート、グループディスカッション、履歴書、
面接、自己PR、志望動機などなど営業の連続です。

とにかくいかに企業に自分という人材が御社にふさわしいかということを
常に考えて営業し続けなければならないんです。

 

だからこそ営業が嫌いとか苦手という人も気持ちもわからなくはないのですが、
ただ営業に対してネガティブに思っていても損することしかないです。

むしろ営業に対して自分の人生を充実させる武器になるとわかってさえしまえば、
営業嫌いな人が世の中多い分、そこで差をつけられます。

と、ここまで営業について良さを語ってきたわけですが、
酒井は営業なんかとてもじゃないですけどできる人間ではなく、
いわゆる冒頭で挙げた偏見を持ってた側の人間でした。

 

今でこそ平気で人前でプレゼンやセミナーするが、昔は営業なんてド下手だった

 

今でこそ私は人前でセミナーやったりテレビに出たり、
平然とやってのけていてだいたい初対面の人には落ち着いてますね。
と言われますが。

昔の自分はまぁとにかくビビリで人と話すのなんか苦手で
声も小さければ自信のかけらもなく人と対峙する時は萎縮して当たり前でした。

 

もうまさに営業なんて絶対やりたくないわと駄々こねる類の人間でした。

 

とはいえですよ、20歳から起業してるとなると
人と話す機会なんて当然出てきますし
絶対しくじってはいけないプレゼン、セミナー、商談とかもあるわけです。

それでも何喋ったらいいかわからないし、
喋ってる時はパニクって自分で何いってるかわからなくなるし
緊張して相手が何話してるかも耳に入らないし。

あー向いてないな自分はとなんども思ったことありますが。

 

営業は才能じゃないです。
ちゃんとポイントを抑えれば誰でもできるようになります。

よく営業上手い人の背中を見て盗めとか言いますが、
あれは大変ですね。できないって言ってるんだから何を盗めばいいかわからないです。

本当に営業ができる人はなぜ自分がお客様の信頼を勝ち得たか
だいたい言葉にすることができます。決して感覚でやらずロジカルにやってます。

性格に向き不向きが営業にはあるのでは?ともありますが、
とはいえだいたい苦手意識を持ってる人は

自分はできないと思い込んでる、教わった人が悪い、
営業できなくてもいいやと思ってる、学べばできるという発想がない。

だいたいこのような感じで機会に恵まれてないだけなんですよね。

 

だから私もちゃんと営業を学んで正しい方法で実践したら
だんだん上手くいくようになって、それが実感できると

自信もついて声もでかくなって人前でも緊張せずに平常心で
話すことができて営業に対して何も思わなくなりましたね。

 

嘘みたいな話に聞こえるかもしれませんが、
実際私は人に教えてるので再現性は十分にあります。

 

営業はやり方さえ覚えれば誰でもできる

 

基本的に人ができないと思ってることはほとんど思い込みなだけで
意外とやってみるとできちゃったという話なんてごまんとあります。

営業が苦手な人は上手く言ってる自分が想像できないから
自分はできないと決めつける。

でもそれはもったいないです。
自分の可能性を狭くしてしまうことになります。

 

そりゃ私にも自分なんかが無理無理無理と思ってた時がありましたが、
今思い返してみると根拠なんてありゃしないですよ。

自分生まれつき声ちっさいしーとか
性格的に営業向いていないとか
そもそも自分の人生に営業なんているの?とか

新しい世界に挑戦する自分が怖くて引きこもってるだけなんですよね。
ってか自分はそうでした笑

 

見たことない、知らない領域に踏み込むことは怖いことでもあり
いわゆるリスクをとるという表現をしたりします。

リスクは危険だから〜とできない理由をたくさん羅列して
何も行動しない自分を正当化するのが人間の本能みたいなものですが

ただ1番大事なことを忘れるのはもっと危険であり大きなリスクです。

それは
「リスクをとらないこと」です。

リスクをとらないことが最大のリスクというとんちみたいな話ですが、
これは紛れも無い事実です。

 

恋愛で言えば、例えば男性は告白しなければ女性と関わらなければ
フラれるリスクは確実にゼロに近づきます。

落ち込むことも病むことも無いです。

 

ただ極端なことを言えばずっと一生孤独になるリスクもあるわけで。

もちろん人は絶対恋愛をしないといけない決まりはないですが、
でもリスクをとらないことが実は大きなリスクになるというのは少しわかりますかね?

告白は確かに怖いけど、告白しないと関係は進展しないです。
告白しないと一生後悔するかもしれない。失った時間は取り戻せませんし。

 

少し話は逸れてしまいましたが、営業は誰でもできるようになります。

ちょっとの勇気と知識を身につければ大抵のことはできるようになります。
また1つ上手くいくと筋トレやダイエット、料理、英語とかもできるようになるんですよね。

 

そうなってくると学びのが楽しい、
人生あたらしいことに挑戦するの楽しいっていう気分になります。

 

マーケティングの考え方はすべての仕事に通じる

最後に冒頭にちょろっと話したマーケティングの話を少し。

 

実は営業とマーケティングは非常に近しいと言いますか、
つながりが深いスキルだと個人的に思っています。

営業は人にものを売る仕事
マーケティングはものを売るためにはどうすればいいか考える仕事です。

 

もう何度も繰り返してしまう恋愛の例えですが、
営業は目の前の人にどう提案すれば好きになってもらえるか考えてオファーすること。
マーケティングはどこで出会うか、どういうタイプの人と出会うか考える計画を練ります。

(厳密にいうと多少ずれありますが今回は簡単にこう区別します。)

マーケティングはすべての仕事でその考え方は必要になります。

営業でも例えばどういう人にアプローチするか決めるのはマーケティングですし
人事でもどんな人を採用したいか考えるのもマーケティング
デザイナーもデザインを見た人がどう思うか考えるのでマーケティング思考があると便利です。

マーケティングについては話すと長くなってしまうので、
この記事では深く話しませんが。

営業にしろマーケティングにしろ非常に学ぶ重要性が高いものでも、
じゃあそれは難しいんでしょ?と聞かれると全然そうではないです。

 

わかりやすく教えてくれる人が少ないだけで、
実はいたってシンプルなことばかりだったりします。

 

なのでこれからもっと知って得するようなことをこのブログを通して
発信していきますのでよろしくお願いします!

 

というわけで今回は以上です。
ありがとうございました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【当ブログ運営者かつ転職エージェント会社の代表でもある酒井からのお知らせ】

弊社では転職したいけどなかなか上手くいかない方のために
無料で研修をおこなってスキルアップしていただこうとサポートしてます。  


学歴問わず、資格なし、未経験でも今よりいい会社に
勤められるようバックアップします。  


もしご興味のある方はLINE@にて無料相談をやってるので、
登録してメッセージを送っていただければ通話かもしくは直接お会いします。  

下の友だち追加ボタンをクリックすれば3秒で登録できます!↓



友だち追加